バイリンガル・バイカルチャーの真のグローバルリーダーに

We provide comprehensive support for ambitious young people who wish to study in the United Kingdom.

The purpose of the Foundation

Globalisation is continuing to accelerate rapidly throughout the world.
Going forward, the role of our young people in this globalised society will become an increasingly important one.

Through studies abroad and similar activities, young people come into contact with others from different parts of the world and of different cultures.
In this way they grow into global people who can contribute to society on the world stage.
For Japan in the 21st century, it goes without saying that such people have a vital role to play.

This is the conviction on which the Tazaki Foundation was established.
Backed by many years of tradition and history, the Foundation was created to support Japanese students in pursuing studies in the United Kingdom,
whose top schools continue to enjoy a leading competitive position in international academia and education.

Message from the Founder


Founder and President Tadayoshi Tazaki

The Tazaki Foundation believes that experiencing an entire student career in the UK, from public school to university, is an excellent way to become an international person with strong roots in British culture and education. Such a background enables students to grow as individuals and contribute significantly to society, not only in Japan but on the global stage as well.

Our wish is to recruit students with a strong desire to deepen their understanding of the traditions and cultures of their own countries; live in harmony with people with different cultural and historical backgrounds than one’s own; and play an active role in international society.


Scholarship Systemの概要

Expected numbers of recruits First screening: 20 students
Study-abroad scholarship students: About five people (selected from among the language students)
Applicant eligibility The applicant is a student at a national or other public high school in Metropolitan Tokyo who satisfies the following criteria:
1. A citizen of Japan
2. A first-year student (16 years of age or under) at a qualifying high school
3. As of September of his or her second year of high school, aspiring to study in the United Kingdom
4. In good mental and physical health, with a good attendance record at the school in which he or she is enrolled up to the time of recruitment
5. Maintaining excellent scholastic performance and active in both school life and language studies in Japan
6. Has obtained the consent of his or her parents or guardians
The scholarship covers: 1. Expenses for English-language study in Japan
2. Tuition, lodging and living expenses for study at a British public school and university, including two return trips
Note:
※・Except for living expenses during extended holidays of the university
 ・Upper limits apply to living expenses.
Duty of Reimbursement Scholarship recipients are not required to repay scholarship funds. However, Article 13 of the Tazaki Foundation Scholarship Regulations applies.

Details can be found in the Recruitment Guidelines for the academic year.

A Page containing details of the main points of the recruitment guidelines.

The recruitment of 2018 was finished.

The Tazaki Foundation is a foundation established personally by Tadayoshi Tazaki, a University of Cambridge graduate and global business operator.
Application to the study-abroad support programme is subject to certain conditions. Please read the Main Points for details.


Q & A

Q1:Tazaki 財団の奨学生としてパブリックスクールへ入学する際は、 どのような試験があるのでしょうか。

A1:日本のブリティッシュ・カウンシルで、英語や数学などの筆記試験およびテレビ電話による面接を行います。

Q2:応募や実際に留学する際、TOEFLやTOEIC などの点数は必要でしょうか。

A2:必要ありません。ただし留学時には所定の英語試験の受験が求められます。

Q3:高校2 年でイギリスに行った場合、日本の高校卒業資格が取れま せん。もし日本の大学を受験したい場合はどうすればいいのでしょうか。

A3:平成28 年3 月31 日付けの文部科学省の通知によりパブリックス クールでGCE-A レベルの資格を取れば、日本の大学の受験資格を得る ことができます。ただし、その適用は日本の各大学の入学要項により異 なります。

Q4:応募資格で家計状況の基準はありますか。

A4:ありません。

Q5:他の奨学金を併行してもらうことは可能ですか。

A5:当財団の留学費用の支援は額としては十分なので、他の奨学金を 受ける必要はありません。

Q6:奨学金の返済義務はありますか。

A6:給付型奨学金なので返済義務はありません。但し理由なく長期欠 席した場合や社会通念上著しく逸脱した行動をした場合などは、給付の 停止や返還請求をする場合があります。

Q7:奨学生に選ばれた場合、どのような義務がありますか。

A7:義務はありませんが、選考を通過した方は2 年間のパブリックスクー ルと3 年間の大学の計5 年間の留学を、途中で諦めることなく全うする 決意を固めていただきたくお願いいたします。

Q8:選考はどのように行うのですか。

A8:まず選考委員会において書類選考を行い、書類選考通過者には面 接を受けて頂きます。

Q9:イギリスでの住居などの手配はどうすればいいのでしょうか。

A9:パブリックスクールは全寮制ですので、住居の手配は必要ありま せん。大学では、1 年目はすべての生徒に入寮が保証されており、多く の場合在学期間中を通じて住むことができます。2 年目以降、場合によっ ては、大学のアコモデーション・オフィスの支援を受けながら学外の 住居を手配します。

Q10:入学するイギリスの大学の指定範囲はありますか。

A10:財団はケンブリッジ大学とオックスフォード大学を推奨していま すが、パブリックスクールもそれぞれ推薦する大学を発表しています ので、その範囲内であれば特にそれ以外の指定は設けておりません。

Q11:英国大学卒業後の進路に制約はありますか。

A11:当財団は広く世界で活躍する人材の育成を目的としており、卒業 後の進路に関しては特別に制約は設けておりません。5 年間の留学後は グローバルリーダーとして世界で活躍いただくことが財団の願いです。

Q12:イギリスの教育制度は複雑でよくわかりません。

A12:以下「Study in the UK」をご参照ください

Q13:GCE-Aレベルとありますが、国際バカロレア資格ではいけないのでしょうか

A13:イギリスの伝統的な資格はGCE-A レベルです。当財団、パブリックスクールはGCE-A レベルを指定しています。

Q14:休み中に日本に帰国したい場合はどうしたらいいでしょうか

A14:大学に受かった段階で一度帰国の費用は財団から支給しますが、 それ以外の期間はイギリスでアルバイトやボランティア活動などを通じ て、イギリスの文化を体験することを推奨しています。

Q15:英国の大学の医学部を卒業した場合、日本で医師として働けるでしょうか

A15:日本で医師になるためには、国が認可した医学部・医科大学を卒業後、医師国家試験に合格し、指定を受けた臨床研修病院や大学病院で、2年以上の臨床研修を受けることが求められます。 海外の医科大学(医学部)を卒業した者、または医師免許を取得した者が日本で医師国家試験を受験するためには、厚生労働大臣の認定(「医師国家試験受験資格認定」)が必要とされています。
詳しくは以下HPを参照してください。
>http://www.mhlw.go.jp/topics/2012/05/tp0525-01.html



Overview of the Foundation

Name The Tazaki Foundation
Address 〒101-0051
14F Jinbocho Mitsui Building 1-105 kanda-Jinbocho,Chiyoda-ku, Tokyo
TEL 03-3518-2525
FAX 03-3518-2526
URL http://tazakifoundation.or.jp